インテリアでセンスを高められると生活をするうえで様々なメリットが得られる

在宅ワークをする場合のインテリアづくりのコツ

デスク廻りを整えるコツと有効活用法

デスク廻りのデザインを作る際、モチベーションを高めるためにフィギュアなどを置くのも1つの方法です。また、置時計や卓上カレンダーもスケジュール管理をするうえでプラスの効果が出ます。よりスペースの有効活用をしたいなら、デッドスペースという机の下部分にファイルを置くことや、壁面にホワイトボードやカレンダーを貼るのも良いでしょう。賢く活用できれば仕事の効率が増し、生産性のアップに繋がります。


整理ボックスやラックを活用すれば、よりデスク廻りに物が置きやすくなります。その際に、仕事関係の書類などの科目をシールで区分けするのもおススメです。小売店に行くと100円で購入できる商品もあるので、大きな拘りが無ければ費用面の負担は少なくて済みます。

椅子や座布団を選ぶ際のコツ

在宅ワークをする際にありがちな悩みの1つに、腰痛や頸椎のダメージがあるようです。適宜休憩を取っても、長時間同じ姿勢で座って仕事をする場合は身体への負担が少なからず発生します。

主な椅子の種類は、クッション材を切り取ったカットウレタンのタイプと、金型を使って成形を行い低反発のクッション材を用いたモールドウレタンタイプがあります。また、ランバーサポートという背骨を正しい姿勢に調整する機能のものが背面に整備されていると、負担軽減効果が増すでしょう。

そのうえで座布団があれば、椅子のへたりが軽減できるうえ身体への負担が少なくなります。座布団の種類は低反発ウレタンや骨盤矯正タイプだけでなく、お尻の血行を悪くしない円座クッションもあります。色やデザインの種類は豊富にあるので、予算も踏まえて自分にあったものを選ぶようにしましょう。