インテリアでセンスを高められると生活をするうえで様々なメリットが得られる

観葉植物を置くなら何が良いのだろうか?

観葉植物の選び方と手入れの仕方

観葉植物で癒しや疲労回復効果が得られると、仕事を進める際にプラスの効果が出ます。選ぶコツとしては、部屋の間取りからして高すぎるものや枝や葉が広がっていると、スペース確保が難しくなり生活空間にも影響を与えかねません。予めスペースを把握したうえで選ぶのは欠かせません。なお、サボテンのような小さな鉢に収まるものなら、デスク廻りに置けると場所で悩むことはないでしょう。

より観葉植物の魅力を引き立たせたいなら、雑貨やインテリアとのコンビネーションも有効な方法です。鉢も陶器や漆器など様々な種類があり、選び方次第でおしゃれさを引き立たせます。

なお、手入れで水やりは欠かせませんが、土の表面が乾いたタイミングで行うと良いでしょう。特に夏場は日中のような高温な時間は根を傷める可能性が増すので、早朝か夕方以降がおススメです。頻度は1日1回で十分ですが、梅雨の時期など湿気が多い時は日にちを空けるようにしましょう。

心理や健康面でどのような効果があるのか

在宅ワークは殆ど1人で行う作業なので、孤独に感じやすくなります。心理面でもマイナスになりかねませんが、観葉植物があれば心理面の負担軽減が見込めます。また、健康面でも効果があるようです。

殆どの観葉植物は緑色であり、心理面で安らぎや癒しの効果を発揮するでしょう。長時間の在宅ワークなら精神的にも疲れやすいうえ、責任のある仕事を任せられるとその責任感も発生します。各種不安や負担を和らげてくれると、仕事の生産性が高まるのが期待できます。

健康面でも目の疲れを軽減できる以外に、湿度を抑える効果もあるようです。梅雨や夏の暑い時期はエアコン使用量が特に増える傾向にありますが、その抑制が見込めるので、疲労蓄積が少なくなる以外に光熱費節約も図れます。上手に活用できれば、多くのメリットを得られます。